京都市西京区・南区・右京区、亀岡市、向日市、長岡京市、南丹市、宇治市の新築分譲物件・一戸建て住宅を中心に活躍する永田工務店です。

京都の分譲住宅販売 永田工務店

ご予約・ご相談・お問い合わせはお気軽に! 075-394-7200(営業時間 9:00~19:00)

ホーム > よくあるご質問 > 設計・構造

よくあるご質問

設計・構造

  • 手抜き工事が問題になっていますが、そういう心配はありませんか?

    テレビやインターネットにて、過去の建築の手抜き工事の発覚があると、そういったご心配をされるのは当然だと思います。
    ただ、平成19年以降、耐震強化の為、鉄筋の検査、中間検査、完了検査が凄く厳しくなりました。その為、弊社だけでなく、同業他社でも手抜き工事はなくなっていると私たちは考えています。
     
    弊社もお客様にご安心いただけるよう、また、業界全体の信頼回復に貢献する事も私達の使命と考え、今後も徹底した現場管理と、外部機構の検査実施、そして施工の強化を図ってまいります。

  • 間取りに工夫されているとの事ですが、どのような点を工夫されているのでょうか。

    廊下等の共用部分の面積を出来る限り少なくして、リビングや居室、収納を少しでも広くしている設計を行っております。総面積を出来る限り抑えて、建築費を抑え、お客様に喜んで頂けるプラン作成を行っています。
     
    実際、プロの方々(弊社の分譲住宅を販売してくださる仲介業者様)からも、リビングの広さや収納スペースが多い割りに、建物全体の総面積は少ないですねといわれることが多いと評価いただいております。

  • 壁について質問させてください。在来工法のサイディング貼りではなく、左官に吹き付け・タイル貼りにしている理由を教えてください。構造上、雨漏りの心配はないですか?(2015年のご質問)

    弊社が左官に吹付け・タイル仕上げで行ってきた理由は、サイディングの施工方法に不安があった為です。
    というのは、サイディングの場合、サイディング面からの水の浸入は少ないものの、サイディングとサイディングの間の『目地コーキング』の劣化が早く、亀裂や剥離が入りやすい商品となっています。そこから水が浸透しても、厚さ0.15~0.2㎜の透湿防水シートで水を止めているという構造なんですが、それではこの透湿防水シートは何年もつのか。
    更に、透湿防水シートの上から打たれているドウブチ(木材)は腐らないのか。腐ればサイディングは波を打ったり、亀裂、剥離が起きるのではないかという理由から、サイディングを採用しておりませんでした。
     
     
    【参考資料】
    透湿防水シート
    https://www.takumi-probook.jp/products/detail.php?product_id=3114000&parents_code=311-4000
     
    ドウブチ施工写真
    http://swerve.jp/ja/blog/160603/
     
    サイディング目地
    http://mbp-osaka.com/paint1ban/column/27481/
     
     
    左官に吹付け・タイル仕上げのメリットとして、外壁タイルは劣化が遅い・劣化が少ないという点がまずひとつ。そして、補修する際はサイディングをめくって張り替えるより、左官・吹付けの方が安価に抑えることができるという点がございます。実際、メンテナンス時はタイル部分は洗浄工事だけで終えてメンテナンス費用を抑える事出来ており、お客様には喜んでいただいておりました。
     
     
    ただ、左官職人の高齢化による人手不足から、以前の工法を全ての現場で継続する事が非常に難しくなってきた事と、またサイディングの工法も大きく改良・進化してきて、透湿防水シートの素材も激変し、以前と比べて大きく安心して使える商品となった事から、弊社でもサイディング施工の住宅を手がけるようになりました。
     
    但し、サイディングを張る前の透湿防水シート施工後、全ての建物に水掛検査を行い透湿防水シートでの水の浸入は無いか、サイディング張り施工後、サイディング目地からの水の浸入は無いか、徹底した検査を行いながら施工を行っております。商品が進化しても、施工は手を抜かず更に進化していくべきであると言うのが弊社の考え方です。
     
     
    ちなみに、雨漏りの心配についてですが、近年、土地に対して最大の建蔽率や容積率を利用する建築が増加し、大屋根のひさし、下屋のひさしが出巾が少なくなった為と、近年の異常気象の集中豪雨により、屋根の雨漏りより壁の雨漏りが心配になってきております。

  • 家の内装はいつまでなら選択できますか?

    永田工務店にはスケルトン住宅といって外観のみ先行して建てている家があります。

     

    そのスケルトン住宅ならご契約後、永田工務店の仕様の中から

    ユニットバスフロアの色LDKドアデザインキッチンの扉色洗面化粧台の扉色クロスのパターン
    畳縁の色襖の色が選択することができます。

     

    完成物件の場合は上棟しますと仕様の変更は基本的にできませんのでご了承ください。

    (時期によっては一部、変更可能な場合もございます。)

  • 永田工務店の家を購入しようと思っているのですが、地盤や構造は大丈夫ですか?

    ご安心ください。地盤に対する調査や施工や保証に対しては万全な体制を取っております。

    地盤調査は株式会社サムシングが、現場をスウェーデン式検査方法で調査を行います。
    その後、株式会社サムシングが、調査データと地盤保証を行っている株式会社GIRに
    調査資料のデータを確認し、工事・施工・補強内容を株式会社サムシングに指定します。
    株式会社サムシングはその指定された内容で地盤補強工事を行い、
    株式会社GIRが地盤補強の施工を確認します。
    株式会社GIRは損害保険ジャパンに地盤保証の手続きを行います。

    長い説明ですが、このような万全な手続きを踏んでいることをご理解いただきたいと思います。

よくあるご質問

  • 暮らしやすい!とても安心!買って良かった事例集
  • 随時受付中!オープンハウス来場予約
  • 分譲住宅では考えられない!充実の標準設備!
  • 選べるオプション設備
  • 永田工務店FACEBOOKページ

ページの先頭へ