京都市西京区・南区・右京区、亀岡市、向日市、長岡京市、南丹市、宇治市の新築分譲物件・一戸建て住宅を中心に活躍する永田工務店です。

京都の分譲住宅販売 永田工務店

ご予約・ご相談・お問い合わせはお気軽に! 075-394-7200(営業時間 9:00~19:00)

ホーム > よくあるご質問 > 定期点検

よくあるご質問

定期点検

  • 10年間保証と聞いていますが、給湯器も10年間保証ですか?

    申し訳ございません。
    10年の保証は住宅の構造部分と、室内に浸透する雨漏れに関してのみです。
    他の保証は商品によって異なりますのでご注意ください。
     
    例えば…
    エアコンや照明器具の保証は1年間です。
    建具やアルミサッシの保証は2年間です。
     
    水道の器具もメーカー保証は1年ですが、永田工務店で2年間の保証にさせていただいています。
    同じく、給湯器もメーカーの保証は1年のところ、永田工務店では2年間程度の保証をさせていただいています。
    ただし、給湯器の凍結による障害は保証外になりますので、
    寒い時期には給湯器の電源は絶対に切らないようにお願い申し上げます。

  • 点検を5年単位で行うと説明を受けていますが、本当にやってくれるのですか?

    はい、本当に無料点検お受けしています。
    点検の際には、ベランダに水漏れがないかチェックをしたり、その水を使って清掃したり、
    エアコンのパイプの穴から水が浸透していないかのチェック、そのほか簡単な建具調整、
    排水マスの点検などを行っています。
    お約束通り、永田工務店が永続する限り行いますのでご安心ください。
     
    点検の継続が困難な場合もございます。
    10年以降もシロアリ駆除をせずシロアリが出てきているのに放置される、
    お金がかかるからと修理せずに放置される、外壁のシーリングの打ちかえ補修や塗装、
    屋根の塗装や張替えを行っていただけない場合、などです。
    困難な状態ではサービス点検も無意味になる旨をご理解いただききますようよろしくお願い致します。
     
    点検を継続し、こまめに修理やアフターを受けていただいている住宅は本当に長持ちします。
    アフターには別途の費用がかかることが多いのですが、
    永田工務店では必要でないものはお勧めは致しておりません。
    永田工務店は職人さんの集団で作られているので、
    たとえば訪問販売の営業さんのように無理にお勧めするような営業力は低いのです。
    売り上げを上げるために‥と不要なものを強くお勧めできないので、もしアフターのアドバイスがあった分だけ
    ご検討していただけたら幸いです。

  • 定期点検のハガキがきてからほったらかしにしていました。引渡し後8年経過しているのですが
    5年点検を受けることができますか?

    点検のハガキの有効期限は180日でございますので申し訳ございませんが受けることはできません。
    築8年ですと10年点検のハガキをお待ちいただきたいのです。
    定期点検は、2年点検までは強くお勧めしておりますが、5年以降はお客様の意思で任意点検となります。
    点検の計画を毎年立てています。
     
    できるだけたくさんの皆様に点検を受けていただきたく、
    ハガキを発送し日時通りに訪問させていただいているのですが、予定外の点検が増えますと、
    御予約いただいているお客様にご迷惑をおかけすることになるため、次の点検日時をお勧めしております。
    (2年点検までは、設備の保証が切れることが多いという理由で、ハガキの日時以内に受けていただくよう
    強くお願い申し上げます。)
    尚、5年点検に対して連絡が無く、10年点検でも連絡がない場合は、15年点検のハガキをお出ししないので
    ご理解ください。
     
    過去にこんな事例もございました。
    転勤で住宅を売却することになり、次のお客様に引き渡す前に予定にない点検をしてもらえるか、
    とお客様より依頼をいただき、点検をさせて頂きました。予定以外の点検だったために、35,000円の点検費用と、
    排水マス等の清掃費・建具調整費・クロスの補修費等が別途にかかりましたが、
    次の購入者に胸を張って引き渡せました、とお客様に喜んで頂けたのです。
     
    予定以外の点検は、別途費用で職人さんを手配して点検をさせていただいていることも、
    頭の片隅に置いて頂きますよう、お願い申し上げます。

  • そろそろ引渡しから10年たったのですが、外壁や屋根の塗装はしなくてもいいのですか?

    永田工務店の10年点検の際にご相談ください。
    点検時にスカイワークを持っていき、壁や屋根にホースシャワーで水をかけます。
    その時に、屋根や壁に水が浸み込む状態であれば再塗装が必要となります。
    ただ、15年点検では再塗装が必要な住宅もありますが、
    10年点検では、よほど紫外線がきついところでなければ再塗装が必要な住宅はないと思います。
    再塗装が必要な時は、リフォームローンなどの計画的な資金についてのアドバイスをさせていただきます。
     
    ただ、水が浸み込んでからの再塗装でも大丈夫なのですが、
    お早めに再塗装をされると費用的にはお安くつきます。
    永田工務店は、あまり必要でない物を営業する力が弱いため、強くお勧めしていない状態です。
    心配だなぁ…とご相談いただいたお客様にのみ営業させていただく『かたち』になります。
    宜しくお願い申し上げます。

よくあるご質問

  • 暮らしやすい!とても安心!買って良かった事例集
  • 随時受付中!オープンハウス来場予約
  • 分譲住宅では考えられない!充実の標準設備!
  • 選べるオプション設備
  • 永田工務店FACEBOOKページ

ページの先頭へ